毎日シゴトシゴトで過ぎていき、気

毎日シゴトシゴトで過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。

そんなある日、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔をみて大変驚いてしまいました。鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。

どれだけ自分が疲れ果てているのか、思い知らされた気がしたのです。

この時のことをきっかけとして、私は決心しました。

どんなに疲れて帰宅してももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。

ちゃんとケアをして、肌を守るためにできることをしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。当然人によって差は大きいはずですが、実感としては38歳、この頃にシワは顔の一部となるように思います。なに知ろ、この年齢になると体の疲れはナカナカ消えてくれないし、目の下に横たわるクマとかほうれい線が顏の中で急激に目たち始めたりもします。38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ちゃんをケアをして睡眠をとればちゃんとゲンキを取り戻してい立と思うのですが、38歳になった途端、肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。

美しい肌の秘密はズバリ、肌の水分をどう保つかと言う部分につきます。

水分がたくさんあれば生まれ立ての赤ちゃんのような弾力性のある肌になります。

水分はケアをしてあげないとあっと言う間に蒸発してしまいます。潤沢な化粧水でお肌を湿らせたら、馬油クリームで思い切り膜を作ってあげるのが大事です。肌トラブルの中でも男女年齢関係なく悩むことが多いことといえば、吹き出物なのではないでしょうか。

ニキビと一括りで呼んでも、いくつかの種類があり、その原因持たくさんあります。

ちゃんとニキビの原因を知って正しく治すことが綺麗な肌にする初めの一歩なのです。

昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、嫌になってしまいますよね。道行く若い人の肌に目がいってしまうと、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、メイク映えしているため嫉妬してしまいます。

今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になると言うことは有名ですから、UV対策とエイジングケアを忘れずにやります。

年を重ねると伴に、肌に関する不満が多くなってきましたので、化粧水や乳液などをアンチエイジング(日本語でいうと、抗加齢、もしくは、抗老化のことで、主に美容業界で使われている言葉です)用のものに取り替えたり、クリームや美容液なども足すようになりました。ですが、とある美容部員の方のお話では、重要なのは洗顔、クレンジングだとのことでした。今現在のものを使い終えたら、すぐに探してみようと思っています。敏感肌の問題点としては、多くが水分不足によりますが、自分に合わない化粧水であれば、反対に悪化指せてしまいます。肌質に似つかわしい低刺激の化粧水、化粧品によって、ふんだんに保湿をするようにしてちょーだい。

ダブル洗顔は肌へのダメージが大きいので、低刺激の肌に合ったメイク落としで、しっかり落とすようにすることが重要ではないでしょうか。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、シミに大きな影響を持たらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?実例の一つといわれているのが、近年、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、妊娠中、それに、出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)後の発症が比較的多いと言うことが一般的に言われています。それから、肝班をできやすくする行為としてピルと言う薬品の服用が挙げられ、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるのもこのシミの特長です。お肌のシミ防止には体の内部からの手入れもポイントです。美白効果に大きなはたらきをみせると言うビタミンCはふんだんにふくまれているのが、イチゴとかレモン、パセリ、ブロッコリーなどです。一方、乾燥で肌がカサカサになってくるとシミになりやすいですから、コラーゲンをたくさんふくむ、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎなどを食べましょう。

また、食生活においては、シミのことだけを考えるのではなく、バランスのとれた栄養摂取も重要です。

素肌をいたわるなら、洗顔する際には髪の生え際などの見落としがちなところまで、入念に洗い流しましょう。流し終わったら、タオルを使いやさしく押さえるようにして水気をぬぐいます。けっして、強くこすったりしないでちょーだいね。むろん、清潔なタオルの使用が、前提となっています。